こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

メガネが吹っ飛んだ節分

2月3日(月)は節分。
夕方は近所の神社で豆まき&餅まきがありました。

餅まきで飛んでくるお餅は紙の袋に入ってるのですが
何も書いてない袋と文字が書かれてる袋があり、
何か書かれてるお餅をゲットすると景品をもらえます。

毎年恒例の行事みたいだけど参加するのは3度目で
一昨年と昨年はいろいろゲットしました。

スポンサー(?)数社が大きな会社ということもあり
景品の中には豪華なものもあるようですが、
うちがこれまでいただいたのは卵とか醤油とか主婦がうれしい類のもののみ。

 
そして今年はコムギのみがたくさんのお餅をゲットし、
私とユッチはひとつも取れませんでした。

それどころか私は知らない人の手が顔に当たり、
メガネが吹っ飛ぶ事態に…

みんなが飛んでくる餅を求めて必死なので
落ちたメガネを踏まれたらたまらん!

でもメガネがないので地面が見えないという危機的な状況…

焦った私は両手を広げて「メガネ!メガネ!」と叫んで
自分がいた周辺のスペースを確保。

それでも誰も気付いてくれないよね…
みんな餅に必死だもん。

 
その時後ろにいた女性が気づいてくれました。
顔を上げるとお互い「〇〇さん!」と。

同じPTA委員で委員会活動にもかなり協力的な馴染みのある方でした。
助かった。

メガネはその人が見つけてくれて無事回収。
まじ踏まれて終わりという先しか見えなかったので助かりました。

しかし鼻がヒリヒリする。
メガネが飛んだのは鼻を引っ掻かれる形になった為のようです…

 
で、いざ帰ろうとしたらユッチがだんまり&動かない。
どうやらお餅を取れなかったことで拗ねてるらしい。

ムスッとしたまま何を言っても動かん。

そもそも前に行くように言ったのに
「〇〇ちゃんとおるからここでいいねん♪」と言ったのはユッチ本人。
「お餅取れないよ?」とも確認してました。

というのも、最前列の子ども達には直接お餅を渡してくれたりするゆるいものなので
子どもは前に行ったもん勝ちなんです。

コムギがたくさんゲットしたのはそういう理由。
おかげで卵やら業務用マヨネーズやらお菓子数種類をいただきました。

 
なので、後で拗ねられても知らんがな、と。
帰宅してからもこれを引きずったユッチは不機嫌全開&「ずるいずるいずるい!」と喚き
それにイライラしたコムギがキレるという地獄絵図。

私は引っ掻かれた鼻がヒリヒリするし
もう二度と行きたくないと思いました。

 
でもコムギが毎年張り切って行きたがるので
来年私は参加せず隅っこで見ていよう…

それか来年コムギは5年生なので1人で行ってもらおうかな。
人の欲の必死さに触れるのがもうしんどいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

one × 3 =

ページの上に戻る