こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

引っかかった検査項目

1月に受けた健康診断の結果が出ました。

40歳になっていろいろ検査項目は増えたけど
乳癌、子宮頚癌、腹部エコー等は異常なしで
実費で受けた腫瘍マーカーも問題なしでした。

 
しかし、総コレステロールやバリウム検査で引っかかりました。

 
総コレで引っかかるなんて立派な中年やん…とは思ったけど
母も母の兄も祖母も食生活には問題がないのに高かったらしい。

遺伝の問題もあるそうなのでおそらく遺伝ですね。
私自身お肉はあまり食べないので動物性の脂はそれほど摂取してないし
野菜が中心の生活をしています。

 
バリウム検査で引っかかったのは「食道・胃逆流あり」というもの。

この検査自体あまり意味がないという意見もあるし
個人的にはそれほど重要なものではないと思ってるけど
ふと思い当たる事が…

昨年11月に書いた「40歳になって吐けるようになった」という記事。

今になってこれって単純に締まりが悪くなって身体機能が低下してただけでは…と。
くしゃみでおしっこが出たり、自分の唾液でむせるみたいな。

柔軟性を獲得したと思ってた部分もあるけど
単純に老化してたんだねぇ。

 
ちなみに逆流性食道炎の可能性はあるみたいだけど
ここ数年で特に異変や自覚症状は感じていません。

もともと胃腸は弱いので胃痛や消化不良や突然の下しは頻繁にあるけど
中学2年生からの事なので今すぐどうこうって事はないと思います。
(父も胃腸が弱かったみたいです)

 
個人的には総コレがショック…
いわゆる「成人病」に関する項目に引っかかったのが初めてで。

今年は体重も腹囲も大幅に増えたので気をつけよう。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

11 − 2 =

ページの上に戻る