こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

家に入れない!

一昨日夜22時半頃、コンビニに行って戻ってきたら鍵がない事に気が付きました。

うそやろ?!
家を出る時、鍵を手に取った覚えがあるのに何で?!

コンビニは隣だし、鍵は家のものだけじゃなく会社や実家や自転車のものまで一緒にまとめてるので
落とせば音でわかるはずだから落とした可能性はゼロ。
イヤホンもしてませんでした。

 

うちはマンションなので鍵がないとオートロックが解除できなくて中に入れません。
普段だったら家を出る時に鍵を締めるので持ってない事に気付けるけど
夜コンビニに行く時は締めない事も多くて…
コンビニ隣だし。
数分だし…

さて、どうしよう。

 
子どもたちは寝てるのでインターホンを鳴らしまくっても反応なし。
ユッチは何があっても起きないだろうけど
物音で起きる事があるコムギは希望がある!

と思ったけど、寝付いて1時間半程しか経ってないせいか気付いてくれず…

 
よし、次は同じマンションに住む大人に助けを求めよう。
連絡先を知ってる人は4人。

そのうち2人は気軽に連絡が取れる関係なので電話してみたけど繋がらず…
あと1人はこんな事で連絡するのは気が引ける関係なので遠慮して、
あと1は別件でLINEのやりとりをしてたけど途中から既読がついてないので出れる状況になさそう。

 
いや、これ…
まじでどうしようか。

夜にコンビニに行く事は多いけど、
いつもは絶対鍵を忘れないように気をつけてたし、実際忘れた事は一度もありません。

何でこんな失敗をやらかしたのか…
溜息しか出ない。

 
マンション前でボーッとしてるのもあやしいし、
いつ入れるのかもわからない状況だったので
別のマンションのママさんに電話をして避難させてもらいました。

大爆笑されました。
だよね…
あほすぎるもん。

 
お詫びとして先ほどコンビニで買ったばかりの卵10個を納めさせていただき、
少し一緒に飲んでたら同じマンションのママさんから電話が掛かってきました。

事情を話して無事帰宅。
ほんとにありがたかったです。

 
でもちょっと飲みたい気分になってしまってたので
一旦帰った後、おじゃまさせてもらったママと一緒に近所の居酒屋へ。

このお店はおじゃまさせてもらったママの母親のお店です。

12時半には帰ろうね~とお互い言ってたのに帰宅1時半。
次の日チーーーーン。

お互い事前に帰る時間を決める事が多いものの守られた事は一度もありません。
2人とも「もうちょいいいや~ん」となるのですが、この年になるとダイレクトに響く。

 
ちなみに鍵は携帯の充電器横に置かれてました。
一旦鍵を手にしたものの、携帯を充電器から外す時に床に置いてそのまま忘れたっぽいです。

ユッチの事をどうこう言えんな…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

nineteen − eleven =

ページの上に戻る