こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

友達にケガをさせたけど…

日曜午後、コムギは公園に行っててユッチと私だけだった時にインターホンが鳴りました。

出るとコムギの友達が泣きながら「ケガをさせられた」と言ってきました。
その子はこれまでいろいろ問題のあったAくん、4年生男子。

とりあえず経緯がわからないので下(マンションのエントランス)に降りる事を伝え、
コムギに電話をして確認すると揉めたのは事実との事でした。

 
下に降りると、コムギと4年生女子2人がいて肝心のAくんがいません。
コムギに「Aくんにケガさせたってほんとなん?」と聞くと
4年生女子2人が、横からコムギを庇うように

「コムギくんここでずっと泣いててん」
「あのな、とりあえず話聞いてあげて」

と。

女子って何かすごいですね。
うまく表現できないけど良くも悪くもいろいろすごい。

 
話を聞くと、まずはAくんの虫かごが壊れてたのをAくんがコムギのせいにしたらしい。
コムギは壊してません。

そこでAくんは怒って機嫌が悪くなり、
その後コムギを含む他の子たちみんなで基地を作ってたらAくんが悪態をつきながらジャマをしてきて
2年生男子とAくんが蹴り合いになり、
他の子たちが加勢したところAくんが自分のSwitchと2年生の子のSwitchをコムギに投げつけてきた事から取っ組み合いになって引っ掻いたようです。

 
傷は顔に2本、足に2本。
赤くなってるとかじゃなくしっかり傷になってました。

やりすぎ。
腹が立つ気持ちはわかる。
コムギもやられてるし、他の子たちも手を出したり出されたりしてるけど
結局ケガをしたのはAくんだけ。

手を出したらダメだというのは全員に言える事だけど、
ケガをさせたというのはコムギがやりすぎだという事です。

 
当初の問題だけで言えばAくんがキッカケでAくんがまわりを掻き乱したので
濡れ衣を着せられて遊びをジャマされたコムギは被害者でしかない。

でも結局手を出してケガをさせたならコムギのほうが悪くなります。

 
コムギの話を聞いてる時、ちょうどマンションのエントランスに他の子たちとAくんが来たので
みんなに話を聞いた上でコムギにはその場で謝罪させました。

そしてAくんにも注意をしました。

人の子を注意するのは躊躇います。
Aくんにはこれまで何度か注意する事があったけど
いつも逆切れして聞く耳を持たないので尚更面倒だったのもあります。

でも「自分の目で見てないのに決めつけないこと」
「Switchを投げると危ないし壊れるかもしれないこと」を注意するとめずらしく素直に頷いてました。

Aくんも成長してるんだなぁ。

 
Aくんは同じマンションなので「ママかパパおる?」と聞いて
一緒に家まで行って謝罪しました。

出てきたのはパパさん。
私が謝るとコムギに向かって「また仲良くしたってな」と声を掛けてくれました。

ありがたい反応です。

でもAくんの親御さんにはこの3年間散々モヤモヤしてきました。
これまでAくんとは散々揉めてきたし、
学校と町会とPTAを巻き込むトラブルもありました。

でもAくんの親御さんは一度も出てきた事がありません。
うちともいろいろあったけどこの3年間「すいません」という一言すら一度もない。

別に謝罪が欲しいわけではないけど
せめて顔を合わせた時に何か一言でもあれば…と思ってしまうのが正直な気持ち。

同じマンションなのですれ違う事もあるけどかなり素っ気ないです。
まわりも「そういう人やでー」と言うのでそういう人なんだろうけど
ちょっとした会話でもあればぜんぜん違うと思うんだけどな。

仲良く出来たらいいのに…と思った時期もあるけど
非常識な行動で私もまわりもドン引き…な事も数回あったので
今はもう繋がりを持とうと思う気持ちはないです。
ていうか、関わったらアカン系。

 
Aくんにケガをさせた事に関してコムギは弁解の余地もなく
こちらが悪いというのは重々承知してます。

でもコムギはSwitchを投げられた事によって頭にたんこぶを作り、
当たったこめかみも痛いと言ってるので無傷ではありません。
見た目にはわからないけど。

たしかにコムギは悪い。
でもAくんの行動も目に余るものがあると思う。

決して謝って欲しいわけじゃないけど、
相手の親御さんが何も知らないままこちらが一方的な加害者になるのはモヤモヤします。
でもそういう気持ちが沸く自分に対して「ケガをさせておいて何言ってるねん」と思う気持ちもあって複雑。

 
ただ、これまでのコムギは自分の非を認めず
「○○されたからオレは悪くない!」という自分を正当化する姿勢ばかりだったけど
今回は自分の非を素直に認め、友達にも謝って、パパさんにもきちんと謝りました。

初めての事です。

ケガをさせた事についてはかなり厳しく叱ったし
「何やってんねん!」という気持ちはあるけどこの部分については大きな進歩。

ここだけはしっかり褒めました。
やった事はあかんけど、こんな当たり前の事でもコムギにとっては大きな変化です。

 
子どもがいるといろいろあるもんですね。
親同士の関係も含めて。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

four × one =

ページの上に戻る