こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチの連絡帳、鏡文字はなくなったけど…

ユッチの連絡帳ですが、気が付けば鏡文字が出現しなくなってました。

でも相変わらず訂正はちょこちょこあって、
単純に間違ってたり抜けてたり、「を」が「お」になってる事も。

そして最近よくあるのがカタカナの部分をひらがなで書いてる事です。

ユッチに聞くと最初は「カタカナめんどくさいから~」と言ってたけど、
注意しても続いてたので後日改めて聞くと
カタカナで書かれてるという事がいまいちわかってないらしい。

 
カタカナはちゃんと読めるし、普通に書けると思うので
「この単語はカタカナで書くもの」と覚えていけば直るとは思う。

たぶん。
そういやちゃんと書いてるのを見たことがない気もするが…
いや、書けてたはず。
たぶん。

 
カタカナ云々はともかく、この件でほんとに板書が弱いんだなぁと感じました。

見たものをそのまま書けない。
「さんすうプリント」と書かれてる文字を読めても
「さんすう」がひらがなで「プリント」がカタカナとまでは記憶出来ないんだろうと思います。

これまではひらがながメインだったので
カタカナに関してはある程度は経験でわかっていくとは思いたいけど
ほんとに板書が苦手だとしたら学年が上がると大変だな…とも思う。
1年生は連絡帳くらいしか書き写す事がないしね。

 
テストを見てる限りでは学力には特に問題はなさそうだけど
コムギと違った部分で「んんん?」という部分があります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

sixteen + seventeen =

ページの上に戻る