こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

道端でヘンな人に出会った

美容室に行こうと自転車を停めて降りたら知らないおばさんに声を掛けられました。
道を聞かれるのかと思ったけど、いきなり「お子さん何歳ですか?」と。
(私は1人でした)

何かよくわからないけど正直に答えたら、
「〇〇で時々講演会(だったか忘れたけど)をやってるんですが
子育てで何か悩んでる事はないですか?
すぐ熱を出すとか、もうちょっとお勉強出来るようになってほしいとか、
言う事を聞かないとか」と聞かれました。

 
目的は一体何なんだ。
子供を育ててて悩み事や困り事のない人っていないと思うけど…

で、「まぁ、いろいろありますけど…」と適当に答えてその先の話を聞こうと思ったら
おばさんは「うんうん」という感じで食いついてきました。

あ、これって何かめんどくさいやつ?

例に出された悩みというのが誰にでもあるゆるいものばかりだったので
「軽い発達障害があるので何かと大変です」と言ってみました。
障害とか言われても困るだろうから、これで引いてどっか行くだろうと思って。

 
そしたらなんと余計に食いついた。
まじかい!失敗した!

 
そして「最近発達障害の子多いですよね~」から始まり、
「発達障害はね、治るんですよ」と断言しました。

 
んなワケねーだろ!
何言ってるのこの人。

と言い返す度胸もないので「そうなんですね~」と適当に流しながら話を聞くと
「発達障害は病気なんです」とか「ちゃんとしてあげると治るんですよ」と得意気に話し始めました。

いやいや、病気ちゃうし。

 
そのおばさんの身内の子がアスペルガーだったらしく、
ちゃんと治って〇〇大学(有名な大学)に入ったとも言われたけど
そんなの治った証明にはならないのでは…

そもそもアスペルガーの人は学力に問題のない人が多いし
中にはIQがズバ抜けて高い人も少なくない。
中度以上の知的障害の人が難関校に入ったと言われたらびっくりするけどさ…

それにアスペの問題点はそこじゃないです。
治るって断言するわりには知識がなさすぎる。

 
そして「お仕事忙しいと思いますけど、5~6000円とお子さんの一生を事を比べたら~」とか
「みなさん半年前から有給とったり、熱を出したと言って休んでますよ」とまで言い出したので
「平日は絶対無理ですので」と言ってその場を離れました。

こういう風に強引にすすめてくる人はニガテです。
てか、5~6000円ってどこから算出したの。
何か紙を渡されそうになったけどそれも断りました。

ただ、それはもらっておけばよかったかなぁ。
絶対そこには行かないけど、何が書いてあるのか好奇心が…

 
その人は発達障害が本気で治ると信じてて、
それを人に広めたいと善意で言ってるのかもしれないけど
ほんとに治るんだったら世の中大騒ぎになるような事だと思うんですが。

何をして治すのかは知らないけどあやしすぎる。

とっさの事で頭がまわらなかったけど
「悩んでる事はないです」と言うか「時間ないので」って逃げたらよかったな。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

fifteen − nine =

ページの上に戻る