こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチとゴム

今日ユッチのお迎えに行くと
「ユッチちゃんの髪の毛をくくろうとしたらゴムが切れてしまって…」
と先生に謝られました。

そのゴムは少し前に買ったものですが
初めて使っても切れる事があるようなしょぼい商品なので
すぐ切れる粗悪な商品である事と切れてもどうでもいい事を告げました。

100円で何十個も入ってるようなものなので
ぶっちゃけ切れようが失くそうがどうでもいい…
でもそれによって先生が気を遣う結果になったら申し訳ない。

という話をしていたら
先生が笑いながらその後のエピソードを話してくれました。

 
ユッチもゴムが切れた時に

「いいねん、いいねん!これ、おうちにいっぱいあるから~」

と明るくどうでもいい感じで言ったそうで。

 
ほんとにしっかりしてきたなぁと実感します。
最近思うけど、女子っぽいというよりは、
いかにもな「大阪のおばちゃん」っぽい気がしないでもないけど。

 
ユッチはお迎えに行くと、時々かわいい髪型をしてるのですが
遊びの流れなのかおねだりをするのかはわからないけど
先生がいろんな髪型にしてくれるようです。

アナ雪が流行った頃はユッチに限らず三つ編みや編み込みのリクエストが多かったそうなので
先生も大変だっただろうなーと思ったり。

でもユッチの欲を満たしてくれてる事はほんとにありがたいです。
せめて切れないゴムを買おう…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

ten + 14 =

ページの上に戻る