こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

コムギ、キレて投げる

昨日「いきいき」でまたトラブルの報告がありました。

今回はコムギが使ってたブロックを友達が何も知らずにバラしてしまい、
それに激怒したコムギが思いっきりブロックを投げつけたという内容。

友達には当たらなかったけど
止めに入った指導員さんに当たったそうで
指導員さんの手首に500円玉大くらいの内出血が出来ていました。

 
何で投げるかな。
何で口で言えないのかな。
相手も悪気があったわけじゃないし口で言えば済む話。

しかもこれはコムギが小さい頃から直らない悪い部分で
すでに使ってないおもちゃを誰かが触った時に
「使ってたのに!」「取られた!」と瞬間的に爆発するというよくあるパターンです。

ブロックを投げつける時のコムギの顔は
怒りでかなりの形相だったそうで…

 
一瞬で沸点に到達してしまう部分を直すのは
そう簡単な事じゃないとわかってます。

言い聞かせたからと言って直る事でもないし、
もうずっと悩んでる事であって簡単に解決出来る事ではありません。

でも、今回ショックだったのはそれとは別の部分で
コムギ自身「悪い事をしてしまった」という認識が皆無な事。

じっくり話をしても耳を傾けようとせず
「青くなっただけやん」とめんどくさそうな態度で吐き捨てるだけ。

これには首根っこ掴んで吹っ飛ばしてやりたいほどハラが立ちました。
そんな事をしても無意味どころか逆効果なのでやらないけど
相手の気持ちを交えた説明を心掛けてても何一つ伝わらなくて溜息が出ます。

 
今回対応してくれた指導員さんは上のほうの立場っぽい人で
「入学当初よりはかなりマシになりましたよ」とフォローするように言ってたけど
逆に親としては「そんなに頻繁に物投げてたのか?!」と突っ込まずにはいられない…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

20 − nine =

ページの上に戻る