こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ひさしぶりに親切に触れた

昨日月曜日は生協の配送日。

平日の日中私は仕事で不在なので、いつもは管理人さんにエントランスを開けてもらって玄関先まで届けてもらってますが、
時々管理人さんが席を外していて捕まらず宅配ボックスに入れてもらう事があります。

 
昨日も管理人さんがいないという事で配達員さんから電話がありました。

いつもなら「宅配ボックスに入れておいてくださいー」で済むのですが
けっこうな量で重いとの事…

そういえばめずらしくいろいろ頼んだような気がするようなしないような。
(要は覚えてない)

でも配達員さんはこの後他の地域に行く為戻ってこれないって言うし
どうしようもないので宅配ボックスに入れておいてもらう事にしました。

 
で、帰宅時。
ユッチを矯正歯科に連れて行った帰りです。

宅配ボックスを開けると思ってたよりたくさんの商品が…

(写真は回収後の玄関です)

お酒頼んでたの忘れてた。
(生協でお酒をケース買いするのがそもそも初めて)
米もあるんかい!
(自動注文なので月1届くけどいつかは把握していない)

そしてこんな時に限って冷凍食品!!!

実は保冷用の発泡スチロールを次回配送日まで置いておくのがイヤで今まで冷蔵や冷凍はほぼ注文したことがありません。
でもひとつくらいいけそうよね~と初めて冷凍食品をたくさん注文していました。

 
宅配ボックスを開けてしまうともう出すしかない。
この場にいるのは私と10歳女子のユッチ。

いや、無理やろ…
重さ的には持てなくもないけど、ムダに大きいケースがネック。

幸い1人ではなく2人だったので
「2回に分けて運ぶからここで荷物見ててー」とユッチに言って持てる分だけ抱えようとしたら
近くにいた佐川急便のおねーさんが「運びましょうかー!」と声を掛けてくれました。

 
いや、業務外だし佐川の荷物じゃないから申し訳ない…
でも「少し時間があるので持って行きますよ♪」と。

「大丈夫です」と言いたいところだけど無理なのは明らかだし
せっかくの好意なのでありがたくお願いすることにして玄関前まで台車で運んでいただきました。

 
何てやさしいおねーさんなんだ。

仕事中なんてやらなくていい作業は避けたいのが人間だろうに
空き時間に助けてくれたことがうれしい。
自営業や小企業ならともかく、佐川は大手なので企業イメージを上げたいという欲でもないと思います。

 
コロナのおかげで休日はほぼ引きこもりの日々。
業務上の会話以外はほとんどない日々を送ってるし
今年度は濃厚接触者になったりユッチが感染したりとそもそも大人との会話がないどころか家から出れなかった日も多かったです。

若い頃は友達と長電話をしたり~と言う事も多かったけど
今はみんな家庭を持っていて子どももいる為お互い電話すらしません。

そんな中で他人から優しくされたら感動しかないですね。

 
もしかしたら佐川のおねーさんの本音は、
「うわー、こりゃこのおばちゃんには無理やな。やってやるしかないか」だったかもしれません。

それでも「助けてもらってお礼を言う」という事を嬉しく感じました。

今までだったらそこまで感じなかったと思うので
「私はどんだけ人に餓えてるんだ…」と溜息が出る気持ちもあるけど
うれしかった事は素直に「うれしい」で留めておきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

「ひさしぶりに親切に触れた」へのコメント

  1. いや〜かなり良い人やわ!‌
    みらぃが帰る時間なんて配達員からしたらどう早く帰れるか気になる時間やし疲れてるし、手伝ったろうなんて1ミリも思わへんのが大半やと思う!

  2. >マリリン

    ちょうど19時前やったし、帰りたい時間よなぁ。‌
    手伝ったところで給料もボーナスも増えへんし。‌

    どういう気持ちで手伝ってくれたのかはわからんけど、‌
    純粋に助かったからうれしかった。

コメントをする

four × 1 =

ページの上に戻る