こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

今年度初の会話

夕方ユッチの担任の先生から電話がかかってきました。

着信画面に小学校の名前が表示されてたので少しドキドキしながら出たら、聞き覚えのない女性の声…
名乗られて初めてユッチの担任だと知りました。

そういえばもう10月末だけど
今年度が始まって初めてユッチの担任の先生と会話を交わしたよ…
通常ではあり得ない事ですよね。

ちなみにユッチの先生はコムギが1年生の時の担任なので一応面識はあります。
しゃべったのは3年半ぶりということかな?
(計算合ってるのかわからんけど…)

 
電話の内容は体育の片付け中に得点版と共に倒れて指を打撲したというものでした。

最初「もうお子さんから聞かれてると思いますが~」と言われたので
「あ、まだ会ってないんです」と返したのですが
「いきいきですか?」と聞かれてどう返答しようか迷いました。

今日は放課後デイの日。
ユッチの担任はデイを利用してる事を知ってるんだろうか。
コロナのせいで懇談すらまだ一度もしてないので何をどこまで知ってるのかさっぱりわからん。

でも嘘をつくのも不自然だし、隠したいわけでもないし
そもそもデイは学校へお迎えに行ってくれてるので知ってると考えたほうが自然か…

で、「今日はデイに行っててまだ帰ってきてません」と答えたら
「あ、今日はデイなんですね」と普通に言われました。

そりゃ知ってるか…
3年生になった今のユッチは先生から見て何の問題も感じないと思うので
何で利用してるのか不思議に思ってるだろうなぁ。

明日は個人懇談なので、その話に触れられるのか触れられないのか楽しみにしておきます。

 
体育の授業でのケガではあったけど
ユッチ自身は体操服を忘れて見学してたそうです。

最近子どもたちの細かい部分がおろそかになってて声掛けをしてなかったけど
相当忘れ物しまくってるんだろうね。

体育の授業を受けてないのにケガするって何?
さすがユッチ…と思ったけどトラブルを起こしたわけじゃない事にホッとしました。
この程度のケガはしょっちゅうなので、わざわざ電話してくれた事が申し訳ないと感じます。

 
得点版が倒れた原因は何かに引っ掛けたらしいですが
ユッチはいつもまわりを見てないので容易に想像が付きます。

家でも毎日のように床に置いてるものを踏むし
どこかにぶつけて痛がってるので…
この部分はきっと大人になってもある程度しか改善しないと思ってます。

 
帰宅後ユッチの指を見るとけっこうな紫色にはなってたものの腫れてはないし
本人も触らなければ痛くないと言ってるのでただの打撲のようです。

でも得点版と床の間に挟まれたと聞いてゾッとしました。
大人の骨密度と柔軟性のなさだったらきっと折れてるよ…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

4 + twenty =

ページの上に戻る