こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

父の七回忌、いつものお坊さんが…

先週日曜日は祖母の一回忌と父の七回忌の法要がありました。
コロナが流行してからは電車を避けてたので、実家に行ったのは正月以来です。

集まったのは父の妹一家4人とうちの家族のみ。
当初は妹も来る予定だったけど、こういう状況なので来れずでした。
東京在住だしね…

 
で、法事の2日程前に母からLINEが来てびっくりしたのですが
いつものお坊さんがコロナに感染したと…

軽症なのでホテルに行くそうですが、
身近に迫ってきてるなぁと感じました。

私は今のところ知ってる人が感染したという話は聞いたことがなく、
友達の身内(世帯は別だけど頻繁に交流あり)が濃厚接触者になったという程度。

まぁ、感染者がいても私と接触がなければあえて言わないだろうから
実際はいるのかもしれないけど。

 
お坊さんは代わりの方が来てくれたのですが、
ぶっちゃけいつものお坊さんより良かったです。

声も話も雰囲気も態度もすべて。

昨年亡くなった祖母はお葬式の時の位牌のままだったので過去帳の記入もお願いしたのですが
字もキレイで「もし間違ったら一度持ち帰って責任を持って持ってきますんで~」と愛嬌もありました。

ていうか、いつものお坊さんの字(父の分)を見たらバランスが超絶に悪いだけじゃなく
「これ書き間違えを誤魔化したよね?!」としか言えない状態だし…

お坊さんもいろいろですね。
 

こういう機会があれば母はいつも私に「私(母のこと)がもし死んだら~」を前提に
加入してる保険、会員になってる斎場、不動産関係の書類等の置き場所と内容を細かく細かく説明してきます。

でも「それより遺影に使える写真は撮っといてや?」と言ったら
意外にも即効で拒否されてしまいました。

びっくりするくらいものすごく軽く流された…

 
いや、書類なんて保管場所は限られてるから探せば見つかる。
(母はきちんと整理するタイプなので)
早急に必要なもんでもない。

でももしこの世を去った時、遺影は早急に必要なんだよ。
バタバタする時だろうし、用意しておいてもらえたら助かるんだけど…
携帯で自撮りしたデータでもいいから!

事細かな説明は私のためというより母自身のこだわりなんだろうと実感しました。
「それ必要?」というところまで毎回細かく説明してくるし。
今回は葬儀費用だけじゃなく「これはプランに入ってるけど、これはオプションで○○円で~」というところまで…

そんなの全部覚えてられんよ。
日常の大事な事すら抜けてしまう脳みそなのに。

 
私も自分が死んだ時の事を考えて加入してる保険や大事な書類の保管場所は一応軽く伝えてますが
(シングルなので)
よくよく考えたら私も写真はないかも?
自撮りとか一切しないし。

厳密に言えば写真自体はあるにはあるけど
みんなで遊びに行った時に誰かが撮ったもので全部酔っぱらってます。

不本意な遺影になるくらいなら定期的に撮っておくべきかな。
せっかく画像加工技術があるんだし、いっそのこと加工してしまおうか…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

five × 2 =

ページの上に戻る