こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチ2年生、1学期の懇談

1学期の個人懇談が終わりました。
まずは2年生のユッチから。

 
勉強面はまったく問題がなく、きちんと理解しているとの事で
授業中もがんばってるそうです。

テストの点数も平均より上で問題なし。
(具体的な数字を言われたかどうかは忘れました…)

国語の授業でも「〇〇はどうして△△をしてほしかったのか」みたいな質問で
多数の意見とは違う事を言ったらしく、先生はそこをすごく褒めてくれました。

でもちゃんと人の気持ちを見ている~的な褒め方だったので
え?ユッチが?他の子と間違ってるのでは…と信じられなくて
思わず「ほんとですか?ユッチがですか?」と聞き返してしまいました。

 
と、基本的には良い感じのようですが
まったく集中出来ない時は先生が声を掛けても集中できないままだそうです。
とは言っても頻度は少ないそうですが…

あと居眠りに関して質問すると、授業中に寝てしまったのは1度だけ。
起こしたらちゃんと起きたそうなので随分成長したなぁと思います。

1年生の時は何度も居眠りしてるだけじゃなく
起こしても起きないって言われたもんな…

 
そして相変わらず問題なのは宿題。

偶然この懇談の2日前、ユッチとの話の流れで漢字の宿題を複数やってない事を知ってブチ切れたばかり。
先生の話では1週間出してないとかもあるそうで…

音読をやってないのは把握してるけど
普段「宿題やった?」の問いに対して「やった!」と返してきてたので裏切られた気分。
まさかそんなにやってないなんて…

軽く書いてるけど、何度もこういう事があるので本気でショックです。
ユッチの事がイヤになる。
私にはこの子の母親は出来ん…と投げ出したくなります。

 
テストを綴じるテストファイルも出てないとの事で
他の子のファイルは教室の棚に並んでたのにユッチのファイルはそこにありません。

そもそもテストを綴じる事すらしてないと思う…
ほんとにもうどこまでいい加減なんだ。

 
授業で問題がなかった部分は安心したけど、溜息で終わる懇談でした。
どうしたらええもんかねぇ。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

5 × five =

ページの上に戻る