こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

保育所の先生と卒園児で集まる

先週土曜日はユッチが通ってた保育所に当時の担任の先生と卒園児で集まりました。

先生はユッチたちの卒園と共に退職して今は別の保育園に勤めてますが
自由に行動する先生だったので場所を提供してもらう段取りを立ててくれました。

いい意味で自由すぎる先生なんですが
退職した職場に連絡を取って場所を貸してくれなんて私ならきっと言えないだろうな。
さすがです。

自由すぎると言えば聞こえは悪いけど
ワガママとかではなく全部子供たちの事を考えてくれて行動してくれてます。

 
お菓子、ドーナツ、ジュース等も用意してくれて
遊んだあとはプレイルームでパーティ状態。
おみやげのお菓子セットまで用意してくれてました。

職場が変わって給料が上がったんだそうな(笑)
そんな話もガハハハと笑いながらサラッとしてしまうおもしろい先生です。
「え?そんなんゆーてええのん?」と一瞬びっくりしますが。

というか、こっちも突っ込みますが。

どうやらユッチたちが通ってた保育所はよっぽど給料が少ないっぽい…
(民間委託された園です)

先生は年少~年長までの3年間子供たちと一緒に過ごしてたので
子供たちの好き嫌いやアレルギー等も全部把握してるので
好き嫌いで何も食べれない子が出るような事もなし。

 
園庭でもたっぷり遊びました。

コムギのコレはどうなんでしょうか…
遊ぶものは他にもいろいろあるのになぜあえてそれにしたの。
逆に新鮮だったのかな。

おにごっこ、砂遊び、うんてい、登り棒、
ユッチはひさしぶりに竹馬もしてました。

 
全員でドッヂボールもしたけど、1年男子2人とコムギの3人がズバ抜けて強かった為
2回戦目ではこの3人に「左で投げるように!」との指令が出ました。

この3人と一緒にボールの投げ合いもしたけどほんとに強い。
保育所のボールなので柔らかいから受け損なっても痛くはないけど
投げられる前はドキドキしてしまう…
こわいわ。

 
16時に解散したあとは一部の人たちと近くの公園に行ったけど
子供たちはまだまだ遊び足りないらしく自由に遊び、
先生を含む大人たちはおしゃべりを楽しみました。

今度はどこか公園で集まろうという話になりました。

 
そして完全に解散した後は仲のいいママさんたち(5親子)で飲みの時間。
そのうち1親子は就学前に引っ越して家が離れた為うちの家にお泊りです。
と言っても自転車で20分程度の距離だし、思い返せば飲んだ時はいつもお泊りだった気もしますが。

流れでもう一組の親子もお泊りで雑魚寝。
ひと眠りして帰る予定だったらしいけど、起きたら朝だったパターン。

この適当な感じが楽しい。
まさか子供繋がりで知り合った人とこんな付き合いが出来る日がくるとは思ってなかったな。

みんな飲んべえなのでだんなさんは理解のある方たちばかりです。
そもそも旦那さんたちも飲む人ばかりなので状況によっては旦那さんも一緒に飲んだり、
中にはアテを作ってくれる旦那さんもいたり。
しかも料理上手だったりするのでうらやましい。

 
子供たちはみんな一緒にお風呂に入って楽しそうだったけど
翌日浴槽のお湯を流したら底にうっすら砂が溜まっててびっくりしました。
思う存分遊んだんだねぇ。

 
翌日はみんなで近くの公園へ。
帰るつもりだったのに寝てしまったママさんは上の子の野球があるので娘ちゃんを置いて一旦帰宅。

天気もよかったのでレジャーシートを持ち出してお昼ご飯は公園で食べました。

で、飲むよね。
こんな気候でこんな状況で飲まずにいられるかい、と。

偶然同じ保育所だったメンバーが3組いたので子供たちはテンションアップ。
同じ小学校の子たちも複数いてお菓子を持ち寄ったりそれぞれ楽しみ、
2日連続で親子ともに楽しんだ先週でした。

 
飲み過ぎだろ…と思われるかもしれませんが
友達と飲んで楽しくおしゃべりをするのが何よりのストレス発散。
元気に生きていく源でもあります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

three × 1 =

ページの上に戻る