こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

いろいろなつかしくなって独り言(@酔っ払い)

個人的になつかしくなっただけのしょーもない独り言です。
酔っぱらって書いてます。

 
少し前の話ですが、過去の写真を見る機会があって
ユッチが生まれた時の写真が目に留まりました。

で。

誰やねん、こんな写真撮ったやつ!!!
こんな写真あったのか、と。

まったく記憶にはないけど状況的に元旦那でしょうね。

 
出産直後で疲労感満載。
ボロボロな感じで顔も死んでます。
何なら今より老けて見える。

何か頭搔いてるし、「撮るよー」的な感じじゃなく知らんうちに撮られたんだと思います。
不意打ち的な。

「撮るよー」って言われたら100%拒否ってただろうけど
せめて声を掛けてほしかった…

せっかくの我が子との初めての写真がこれって悲しい。
…と落ち込むくらい疲れた顔をしています。

ユッチはコムギと違って促進剤不要の超スピード出産だったけど
なんせ陣痛が来たのが3時とか4時とかです。
いくら安産でもロクに睡眠を取れてない上出産してるので疲労感はそれなりにあります。

 
元旦那的には微笑ましかったのか記念だと思ったのかわからないけど
女性としては産後の疲れた姿を知らないうちに撮られるってうれしくない事だと思います。
むしろ恨みになる案件かと。
撮るならせめて声かけろよ。

さすがに晒せないのでモザイクをかけてますが、
ユッチに向けている目線も我が子を愛おしい目で見る感じではなく
「あー、しんど」「こんな物体がお腹の中に入ってたんか」「疲れたわー」みたいな冷めた目線です…

まぁ、ユッチは超安産だったので私は見た目より元気だったから元旦那も浮かれてたのかもしれません。
コムギの時は促進剤を使っても中々進まず時間がかかった上、
産後の出血が多かったので出産後の写真は1枚もないし、
写真を撮れるような雰囲気ではありませんでした。

 
でも今思うとこの時は幸せだったんですよね。
離婚なんて考えた事もなかった頃。

左手の薬指にはなつかしい結婚指輪。
気に入って買ったものなので離婚後も付けていたけど「おかしい」という多数の意見があって封印した指輪。

気に入って買ったんだから離婚しようが付けててもいいやんって思ってたのですが
「なんで外さないの?」というのが世間一般の感覚だと知って封印したものです。

 
もともとあまりアクセサリーには興味がないタイプだけど、この指輪は気にいってたんですよね。
そもそも金属アレルギーで金とプラチナ以外は皮膚が爛れる体質なので貴重な指輪だったんですよ。

離婚したからどうだーとか関係なく今も手元に保管しています。
右手にするのであればOKなのかなー。
かわいいから好きなのに。

結婚とか関係なくこの指輪が気に入ってたんだよ!みたな…

 
金額はたしか20万ぐらいでした。
ダイヤとか使われてないので一般的な結婚指輪に比べると安いだろうけど
値段に関係なくデザインが個性的で気に入ってたんですよね。

既製品を選ぶのではなく個々でオーダーするお店だったので
当時のデザインラフとかケースももまだ残しています。
元旦那のことはどうでもよくてもこれは捨てれません。

今改めて20万のアクセを買うなんてあり得ない話だし
値段とか石がどうとかは関係なく気に入って選んだ指輪です。
宝石には興味がないのでデザインがすべて。

離婚をして唯一残念なのはこの指輪を堂々とつけれなくなったことかも。

右手ならOKですかね…?
(しつこい)

 

でも私は当時一生旦那に添い遂げるつもりで結婚しました。
自分が離婚をすることになるなんて考えた事もなければ離婚なんて他人事でしかなかったです。
でも離婚してるんですよね…

今思うとこの頃が一番幸せだったのかもしれません。

この辺の事を語り出すとおそろしく長くなるのでやめておきますが
たった写真1枚を目にしたことでいろいろ考え込んでしまいました。
離婚をした事に後悔はまったくないけど人生ってわからんなぁと…

子どもや元旦那に何かあったらどうしようという不安に襲われた時期もありますが
今は元旦那が死んでも泣けるかどうかわからん程どうでもいいです。
この変わりように「人間って怖い」って自分で思います。

 
今ユッチにはいろいろ悩まされてますが、
赤ちゃんの頃のユッチを見るとやっぱり生まれてきてくれてありがとうって思う。

初心忘れるべからず。
いや、発達障害傾向の子の子育ては面倒なのでキレイ事や理想論では済まされないけど
こうなるとわかってたら産まなかったのかと問われたらNOです。

ブログではグチグチ言ってますが、自分の命より大事な存在です。
ひどい書き方をしてる時もあるけどやっぱり子どもたちは大事。

 
ちなみにこの写真は産後1時間以内だと思われます。
たしか産後2時間は専用の部屋で安静にしないといけなかったので病室ではなくその部屋だと思います。
朝ごはんっぽいトレイも写ってるしね。
食べたかどうかの記憶はまったくありませんが…
(ユッチは午前7時3分に生まれています)

スマホっぽく見える携帯も実はガラケー。

今はもうスマホしか考えられませんが、
この携帯はスライド式でキーボードが出るめずらしいタイプで気に入ってました。

今のスマホより文字入力はこっちのほうが断然ラク。
PCのキーボードと同じです。

どこかのサイトの転用なので著作権的にアウトかもしれないけどコレ。
分厚くなるけどスマホでこのキーボード採用してほしいー。

元旦那も同じ機種でした。
こういう部分だけは今でも気が合うんですけどね…

 
酔っ払いが話し出すと長くなるのでこの辺でやめておきます。
もしここまで独り言に付き合ってくれた方がいたならありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

17 + 8 =

ページの上に戻る