こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

インチュニブをもらいに

今日は仕事が終わってからコムギの児童精神科に直行して薬をもらいに行ってきました。

余裕こいてたらインチュニブの残りがほとんどなくて大焦り。
喘息の薬なら数日程度なくても問題がないけど
精神科系の薬は判断が出来なくて怖いので焦りました。
「切らしたらあかん」と言われてたのもあって…

あと1日分しかなかったので間一髪です。

ちなみに喘息の薬も重度の方は命に関わると思います。
あくまでも「軽度のコムギの場合」です。

 
実は投薬開始前後に受診した時に親が記入するチェックシートのようなものを渡され、
後日提出したという事がありました。

かなりたくさん項目があるもので、親が回答するんですが
タイトルを見て検索した記憶はあるけど何という名称だったのかまったく思い出せません。

病院独自のものではなく、一般的に使われてる有名なものっぽく、
自閉症を分析(?)する系のもの。

まったく思い出せないのでアホっぽい表現ですね。
自分で「だからそれは何なの」と突っ込みたくなるけどどうしても名称を思い出せません。
アルファベットだった気がする…

 
この事はすっかり忘れてたのですが、
その結果からやはり社会性とかコミュニケーションに問題があるな~と言われました。
アスペ特有との事ですが、他者の立場に立てないとか気持ちを考えられない的な。

でもまぁ、私が回答したものなので「まぁ、そうなるよな、実際そうだし」という感想でした。

 
インチュニブはこのまま1mgで継続。
めんどくさい部分は変わらないけど、平和に過ごせるようになったので
この調子でいけたらなぁと思います。

頑固すぎて日々キレそうになる事は多いけど、
気質は変わらんのでそこは割り切ろうと気持ちを抑えてます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

seven − four =

ページの上に戻る