こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

公園で揉める

最近休日は子供たちだけで公園に行くとこが多いので
ようやく1人の時間を持ててホッとしてます。

元ダンナはたまーにしか子供と会わないし、
仕事以外で子供と離れる事がほとんどなかったので
1人の時間を持てる事のすばらしさを実感。

 
でもやっぱり子供だけで過ごすという事はトラブルが付き物で
コムギが拗ねて帰ってくる事も時々あります。
(ユッチは一度もないけど…)

自分の時間を満喫してる時に予告もなく不機嫌全開で帰ってきて、
「公園には行きたくない!でも退屈!どっか連れてって!」とイライラ全開でしつこく言われて
八つ当たりに発展すると普段よりイラ立ち倍増…

 
1ヶ月程前は「ガチャッ、バタン、ダダダダダダダダ」と無言で荒々しくコムギが帰宅。
この時ユッチはまだ保育園児で携帯も鍵も持たせてなかったので
1人にさせないという約束をしてたのに1人で帰ってきやがったな!

そして何かあったな…

でも別室にいた私には何も言わず
隅っこで拗ねてたようなので放置してました。
(聞いても答えない上、声を掛けると逆効果になるので落ち着くまで放置が◎)

 
そこに鍵を持ってないユッチが帰宅してインターホンの嵐。
『よし、30分だけ寝よう!』という至福のひとときだったのに!
それまでバタバタとがんばって用事をしてたご褒美だったのに!!

コムギは拗ねてるので「鍵開けたってー」と言ってもシカトです。
やっぱり誰にもジャマされない自分だけの時間なんてそう簡単には取れないよねー。

 
そしてユッチが帰宅した直後、インターホンが鳴ったと思ったら
トラブルに関係してた子2人がうちの玄関先に来てました。

ブログに何度か登場してるAくんと、同じく同学年のBちゃんです。
Bちゃんも同じマンション。
Bちゃんはしっかりした女子です。

 
Bちゃんが事の経緯を一生懸命話してくれました。
それだけではよくわからない部分もあったので
後でユッチやコムギにも話を聞いて把握した内容が以下の通り。

Bちゃんがコムギにお菓子をくれようとしたけど、
コムギが冷たい態度でシカトした為、Bちゃんが泣いてしまった。

それに激怒したAくんがコムギを追いかけ回した挙げ句、
靴を取り上げて背中を叩いたのでコムギがキレて帰宅した。

というのが流れのようです

 
玄関先でのAくんの態度にはいろいろ思う事があるけど、
今回言いたい事はそこじゃないので別記事にします。

コムギがBちゃんをシカトした理由は
お菓子をもらってはいけないという約束をさせてたので

「お菓子欲しい!」
「でももらったらあかんって言われてる!」
「でも欲しい!」

からの思考停止で、どうしていいのかわからなくなったようです。

 

普通はそこで「もらったらあかんねん」と言うか、
こそっともらうか、電話してくるかだと思うけど、
柔軟性のないコムギには対応出来ない事だったんだと思います。

普段家での約束事はまったく守らないくせに
ヘンは所で融通が効かんなぁ。

 
コムギにしてみればただ困ってしまっただけかもしれないけど
誰がどう見ても「あげると言ってるのにシカトした感じの悪いヤツ」でしかありません。

日頃から恥ずかしがって挨拶をしない事も多いので
「相手の人がイヤな気持ちになるよ」と、何十回何百回と言い聞かせてきたつもりです。
「思った事はちゃんと言おう」「シカトだけはあかん」と散々言ってます。

でも現状では恥ずかしい時や困った時はどうしても無理なんですよね…

 
今回の件で言うと、Bちゃんはコムギにお菓子をあげようとしてくれた。
でも無視されたら悲しくなるよね?
コムギも悪く思われるからいい事じゃないよね?

「もらったらあかんって言われてるねん」と答えるとか
「おかーさんに聞いてみる」と言って電話をするとか無視する以外にも方法はある。

次に同じ事があった時の為に丁寧に何度も説明したけど
コムギは「その話せんとって!」「言わんとってって言ってるやろう!」「もういい!」と断固拒否。

決して怒ってるわけじゃない事、
コムギがイヤな思いをしないように話してる事を言っても
まず聞く耳を持たないのでぜんぜん伝わらない…

 
はぁ…
せめて聞いてくれたら…

時間を置いてじっくり話そうとしても
この件だとわかると結局頑なに拒否されてしまいました。

頑固すぎる。

 
大人はもし子供が挨拶をしなかったり
返答に困った時に無言になってもある程度は許容してくれます。

でもそれが一般的に通用するのは幼児まで。
幼児だったら「恥ずかしいのかな?」とか
「まだわからないかな」と言ってもらえるけど
コムギは8歳なので「何その対応?」とか「もう大きいのに挨拶も出来ないの?」となるのが一般的だと思います。

ましてや同学年の子が相手だと
シカトするなんて絶対許されません。
 

困ったり照れたり恥ずかくなっちゃうのは年齢に関係なく普通にある事ですが
もうそこを我慢して何かしら反応を返せる年齢です。

上手に対応できないのはぜんぜんいい。
でもガン無視はダメですよね…

 
今回の件で失敗を学んで次に生かせたら…と思ったのですが
当のコムギは聞く耳を持たず、自分の非は認めず、両手で耳を塞いで叫ぶ始末…

優しく言ってるのにな…
コムギが困らないために話をしてるのにな…
失敗も次に生かせるならチャンスなのにな…

そんな感じで結局何の学習にもなりませんでした。
次に同じ事があってもまた同じ反応をするだろうと思います。

 
一見目立った問題はないコムギ。
勉強が出来る事、好奇心旺盛な事、クラス内でまったく問題がない事で
正直褒められる事も多いです。

でも地を出さないクラス内以外でのコミュニケーション部分は難ありです。
中途半端が故あまり理解してくれる人はいないですが
どれだけ知恵を絞っても調べてもいい方法が出てこない程
コムギは一筋縄ではいかないややこしい面があります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

2 × five =

ページの上に戻る