喘息のキロク(コムギ)

コムギは生後8ヶ月から毎月喘息の症状が出るようになり
1歳1ヶ月で正式(?)に喘息と診断されました。

そして1歳4ヶ月の時の入院を機に発作を予防するための薬を使う事になり
ここから長期管理薬との長~いお付き合いが始まりました。

すっかり記憶力が衰えてしまった自分用という事になりますが、
ここはコムギの喘息関連の記録を残す為のページです。

いつか薬と縁を切れる日が来ますように~。

2010年6月(0歳8ヶ月) 生まれて初めて喘息の症状が出て、これ以降毎月出るようになる。
2010年11月(1歳1ヶ月) これまでの経過から「喘息」と診断される。
2011年2月(1歳4ヶ月) 初めて入院(1週間)
2011年2月(1歳4ヶ月) 予防が必要という事になり、入院を機にオノン(ロイコトリエン拮抗薬)服用開始
2011年8月(1歳10ヶ月) オノンだけでは発作がなくならず、パルミコート(吸入ステロイド)使用開始。吸入器を購入する。
2011年12月(2歳2ヶ月) オノンからキプレスに変更(どちらもロイコトリエン拮抗薬)。理由は服用回数が減る為。オノンは1日2回だけどキプレスは1日1回。
2012年11月(3歳1ヶ月) 発作ゼロが続いてたのでパルミコートを止めてみる
2013年6月(3歳8ヶ月) 5、6月で立て続けに3回発作があり吸入ステロイド再開。
大きくなったので吸入器不要のキュバールを選択(スペーサー使用)
2015年6月(5歳8ヶ月) 長く発作ゼロが続いてたのでキュバールを止めてみる
2015年9月(5歳11ヶ月) ひさしぶりに来た!(=n=;)程度は中発作。
2015年10月(6歳0ヶ月) 様子を見ていたけど再び発作。
これによりキュバール(吸入ステロイド)再開。。。
2015年12月(6歳2ヶ月) ロイコトリエン拮抗薬をシングレアチュアブル錠に変更。
吸入ステロイドをドライパウダーのフルタイドに変更。
どちらも年齢的なものが理由。
2016年4月(6歳7ヶ月) フルタイドを200μgから100μgに変更
2017年3月(7歳5ヶ月) 落ち着いてるのでフルタイドを止めてみる